e地産地消

長崎紅大根

長崎紅大根

名称 長崎紅大根
都道府県名 長崎県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 長崎市東長崎地区
別名 節分大根、鬼の手大根
由来 根が長細いことと真っ赤な色から「紅大根」と呼ばれてきた。
歴史背景 根の赤い部分が赤鬼の腕に似ている、と江戸時代から節分の日に鬼退治の意味を込めて、酢の物などにして食べられてきた。ブランド化への取り組みが始まったのは2003年。2005年から生産者や長崎市、JAなどで原種保存会を発足させている。
時期 1月〜2月
特徴 かぶの一種。葉から先端までの長さは約30cm。根の表皮は鮮紅色で、肉にも紅色の筋が入る。歯ごたえがあり、すっきりとした味わい。
料理名 酢の物、サラダ、煮物、蒸し大根など
栄養 表皮の紅色の部分にアントシアニンを含む。葉には鉄やビタミン類を含む。
問い合わせ先 長崎市ながさきの食推進室
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kosodate/530000/532000/p008974.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。