e地産地消

雲仙こぶ高菜

雲仙こぶ高菜

名称 雲仙こぶ高菜
都道府県名 長崎県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 雲仙市吾妻町
栽培情報 厳しい栽培規定を設け、生産履歴の開示を義務付けるなどし、有機栽培で生産している。
歴史背景 吾妻町で種苗店を営んでいた峰真直氏が1947年頃、中国から引き揚げる際、地元に持ち帰り改良したもの。1960〜1970年代には、全国で栽培されていたが、産地と品種を固定化する時代の流れにより衰退。自家菜園で種を採り続けていた農家を、地元の有機農業家の岩崎政利氏が知り、2003年から復活への取り組みが始まった。2005年にはスローフード協会が選ぶ「味の箱舟」に登録。世界的に希少で地域活性化につながるとされる「プレシディオ」に日本で初めて認定された。生産者、市場関係者、加工関係者たちが復活に取り組んでいる。
伝来 1947年頃
時期 11月下旬〜12月下旬
特徴 葉が柔らかくアクが少ないので生食できる。シャキシャキした歯ざわりが特徴。葉の内側の一枚ごとに親指大の白いこぶがある。この部分が特に柔らかく甘味がある。
料理名 サラダ、炒めもの、パスタ、漬物
加工品 漬物、まんじゅう
栄養 β−カロテン、葉酸、ビタミンC、カルシウムなどが多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。