e地産地消

赤ネギ(レッドポアロー)

赤ネギ(レッドポアロー)

名称 赤ネギ(レッドポアロー)
都道府県名 茨城県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum
外国語名 Red poireau(仏)
生産地 東茨城郡城里町桂地区(旧桂村)及び周辺市町村
収穫地域情報 水戸城の北西部に位置するこの町は那珂川流域の沖積土壌に恵まれ、特徴あるさまざまな農作物が生産されている。
栽培情報 那珂川流域の沖積土に堆肥を混ぜた土壌で栽培している。通常は土の下に隠れている赤い部分を延ばすため、根元まで土を寄せてかける“土寄せ”という作業を成長に合わせて4〜5回行う。収穫後も含めて収穫作業のすべてを手作業で行うことで品質を維持している。
別名 圷(あくつ)ねぎ
歴史背景 この地域の在来品種で明治時代初期ごろから自家用に生産され始めた。この地の圷(あくつ)地域で良質のものが作られたことから、かつては“圷ねぎ”の名で近辺に知られていた。
時期 11月中旬〜2月上旬
特徴 最大の特徴は一般的なねぎでは白い部分が鮮やかな赤紫色になっている点。通常のねぎに見られる独特の辛味が少なく柔らかい。
下処理 加熱して使う場合は下処理をしなくてもかまわない。よく洗ってから根を切り落として調理すること。薬味として使う場合は刻んでから水にさらす。
料理名 サラダ、焼きねぎ、ぬた、鍋物、薬味
調理法 生でも緑の葉まで食べられるほどの柔らかさなので、そのままサラダとしても味わえる。また、加熱すると、とろけるような食感と強い甘味が出るので、すき焼き、シチュー、鍋などにも向いている。
加工品 ふかふかしておらず、よく締まっていて弾力のあるもの。緑、白、赤の3色がはっきりと分かれているもの。
保存方法 新聞紙に包み、室内の温度の低いところで保存する。その際、生育しているときと同じ立てた状態で置いておくのがベスト。乾燥させないようにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 葉にはβ-カロテンを多く含んでいるほか、体温上昇を促し、けっこう促進作用があると言われる香り成分の硫化アリル、茎の赤い部分にはアントシニアンを含んでいる。
問い合わせ先 茨城県農林水産部販売流通課
029-301-3966

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。