e地産地消

どんちっちアジ

どんちっちアジ

名称 どんちっちアジ
都道府県名 島根県
区分 魚介類
分類 アジ科マアジ属
学名 Trachurus japonicus
外国語名 Japannese horse-mackerel、Japaneese jack mackerel
生産地 浜田市
収獲地域情報 島根県西部に位置する浜田市は国が重要漁港として指定する特定第3種漁港・浜田漁港を有する。その西部沖が主なマアジの漁場である。暖かい対馬海流と島根冷水域と言われる深海の冷たく栄養に富んだ海水が混じり合い、魚の餌となるプランクトンが多く発生するため(特にカラヌスという動物性プランクトンは脂を多く含んでおり、それを食べるアジは脂の乗りが良いと考えられている)、豊かな海の幸に恵まれている。
歴史背景 浜田漁港の漁獲高は平成2年の約19万8000トンでピークを迎えたが、それ以後、漁獲高が落ち込み、平成13年にはピーク時の約1/6である約3万4000トンにまで激減。危機感を感じた浜田市と漁業生産団体・漁協などがその打開策として浜田市水産物ブランド化戦略会議を設立。平成16年より全国にアピールすべく、ノドグロやカレイとともにアジを“どんちっち三魚”としてブランド化した。なお、“どんちっち”とは島根県に伝わる伝統芸能である神楽の一つ、石見神楽のお囃子を表現する幼児言葉。
時期 概ね4〜9月までにまき網漁業で浜田漁港に水揚げされたもの。
特徴 サイズは50g以上。他産地のアジの脂肪含有量が平均3.5%なのに対して、旬の時期には10%を、場合によっては15%を越える高脂肪含有量を誇り(脂肪分は平均10%以上と規定されている。最高で20%以上)“アジの大トロ”と称される。非常に美味。
下処理 細かいウロコを取ったのちに水洗い。さらにエラと内臓をすべて取り、しっかりと水洗い。水分はよく拭き取ること。
料理名 塩焼き、刺身、フライ、煮付けなど。また、ぶつ切りや刺身のアラなどを水から煮出してみそ汁にも。さらに流通段階で1回だけ冷凍する“ワンフローズン製法”で干物にもなっている。
選び方 全国初となる近赤外線測定器を使い、脂質含有量を測定。平均脂質が10%以上でサイズが50g以上のものが規格に見合ったマアジ。それを熟練の選別人が選定する。“誰が、いつ、どこで、どのように漁獲、水揚げしたのか”“品質や脂のりはどれくらいなのか”などの情報を開示する“トレーサビリティ”を導入し、選ばれたマアジにはブランド名使用規約に基づき、生産者情報を記載した目印のブランドシールが貼られて出荷される。
栄養 三大栄養素のうちのタンパク質、脂質が豊富。特に脂質含有量は10%以上と他産地のものと比べて約6.5%も多いため、DHAやEPAも多く含まれている。他にはカルシウム、タウリンなども含む。
問い合わせ先 浜田市水産物ブランド化戦略会議
(浜田市産業経済部 水産振興課内)
0855-25-9520

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。