e地産地消

赤根大根

赤根大根

名称 赤根大根
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 阿智村清内路地区
収穫地域情報 清内路地区は長野県南部の中山間地域にあり、多くの伝統野菜が残されている。
歴史背景 来歴は不明だが、江戸時代に木地師が伝えたとされている。飛騨地方の「船津蕪」や滋賀県の「大藪蕪」や「彦根蕪」と近縁とされており、現在は選抜育成された「清内路あかね」という名前のF1種が栽培されている。
時期 6月中旬〜7月中旬、10月中旬〜11月中旬
特徴 葉や根の形が大根に似ていることから、「大根」の名称がついているが、かぶの一種である。葉数は少なく、柔らかい。葉の表面にキャベツのようなブルームがある。根は長細く表面が濃紅色をしており、非常に柔らかい。
料理名 酢漬け、なます、サラダ
栄養 紅色はペラルゴニジン系アントシアニン。葉はβ−カロテン、ビタミンC、K、鉄、カルシウムなどを豊富に含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。