e地産地消

上野大根

上野大根

名称 上野大根
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
生産地 諏訪市豊田上野地区
収穫地域情報 長野県南部にある諏訪市は、山に囲まれた盆地である。上野大根はその中でも傾斜地にある畑で育てられる。
別名 諏訪湖姫
歴史背景 江戸時代の寛永年間(1625〜1643年)の高島藩による開拓時から導入、とされる。1960年代から、長年の自然交配による品質のばらつきで存続の危機に陥った。1989年から信州大学大井美知男の指導を受け、上野地区の若い女性を中心にした地区全体の協力体制の元、栽培管理が始まる。2000年に諏訪湖姫の名前で品種登録される。
時期 11月上旬〜中旬
特徴 下膨れのない筒形で、根の長さは25cm程度。首部は淡緑色。肉質は緻密で非常に硬く、加工後も肉質が変化しない。独特の辛味と歯ざわりがある。たくあんにすると、独特の甘味が出て来る。
料理名 大根おろし、たくあん漬け、天ぷらなど
栄養 葉はβ−カロテン、ビタミンB1、B2、葉酸、ビタミンCやカルシウム、カリウム、鉄が多い。根にはビタミンCを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。