e地産地消

源助蕪菜

源助蕪菜

名称 源助蕪菜
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 豊丘村
収穫地域情報 豊丘村は、西を中央アルプス、東を南アルプスに囲まれ、天竜川東岸にある河岸段丘の景観が美しいところ。源助蕪菜のほか、リンゴの栽培や養豚も盛ん。松茸の産地でもある。
別名 飯田かぶ菜
由来 源助の名前は、豊丘村に蕪菜を広めた井上源助の名前から取った。
歴史背景 1854年生まれの井上源助は、愛知県北名古屋市で井上源助採種場を開いていた。初代と2代目が盛んに下伊那地方に行商に訪れ、大正時代後期に箕輪蕪(諏訪紅蕪)と関西系の蕪品種の交配種を育成し、この地に伝えたとされる。
時期 10月中旬〜12月中旬
特徴 野沢菜と見た目は似ているが、野沢菜より葉の部分が大きい。葉はへら型で葉柄基部まで葉身がつく。柔らかくモチモチした食感で甘みがありおいしい。根は長円錐形で上部分が淡赤紫をしているが、根の部分は食べない。
料理名 漬物

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。