e地産地消

清内路きゅうり

清内路きゅうり

名称 清内路きゅうり
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 ウリ科キュウリ属
生産地 阿智村清内路地区
収穫地域情報 清内路は中央アルプスの南端に位置する中山間地域で、自家採取を受け継いできたため、伝統野菜が多く遺されている。
歴史背景 来歴は不明だが、大正時代に育成された「立秋」が元ではないかと言われている。
時期 7月下旬〜8月下旬
特徴 果長は25〜30cmと長く、肩部が濃緑色で尻部にかけて淡緑色をしている。果皮が厚いため、赤根大根と合わせて漬物として利用されている。種子数が多い。
料理名 漬物、サラダ、炒め物など
栄養 カリウムが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。