e地産地消

細島蕪

細島蕪

名称 細島蕪
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 木祖村細島地区、寺平地区
収穫地域情報 御嶽山の山麓にある木祖村では、旧町村の地区ごとに特色のある赤かぶ栽培が盛ん。他に王滝かぶ、開田かぶなどがある。旧細島村の細島地区は、木祖村の最奥にある。
歴史背景 来歴は不明だが、昔は凶作の折、飼料の替わりとして馬に食べさせていた。現在は細島地区、寺平地区の十数戸の農家が守り続けている。
時期 10月中旬〜11月中旬
特徴 日本一おいしいと言われる温海かぶの近縁種である。王滝かぶ、開田かぶとも極めて近縁。葉はびわ形で柔らかい。かぶは全体に赤紫色を呈し特に首部の色が濃い。長円錐形をしており、牛角状に曲がるものが多い。緻密で果汁が多く、野趣あふれる歯ごたえと芳香が楽しめる。
料理名 甘酢漬け、すんき漬け、炒め物、サラダ、味噌汁など
栄養 葉の部分はビタミンC、β−カロテン、カルシウム、カリウムが多い。かぶはビタミンCが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。