e地産地消

村山早生牛蒡

村山早生牛蒡

名称 村山早生牛蒡
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 キク科ゴボウ属
生産地 須坂市
収穫地域情報 須坂市は長野県北部、長野盆地(善光寺平)の東部にある。上信火山帯の根子岳、浦倉山などの山岳地帯に源流を持つ鮎川、百々川、八木沢川、松川が押し出した大きな扇状地になっている。
歴史背景 1947年、村山町の小平甚兵衛氏が、「中の宮早生ごぼう」の種を育種者の鹿島安太郎氏から入手し、改良を重ねて生まれたのが「村山早生ごぼう」である。1955年頃には盛んに栽培されていた。
時期 7月中旬〜11月中旬
特徴 身が白く、太めで灰汁が少なく、柔らかく味にくせがない。
料理名 きんぴらごぼう、煮物、炊き込みご飯、かき揚げ、豚汁、サラダなど
選び方 直径が10円玉くらいで、すらりと伸び、ひび割れていないものが良い。香りと旨味は皮の近くにあるので、泥付きを選ぶ。
保存方法 新聞紙に包んで冷暗所に保存する。
栄養 食物繊維が豊富。抗酸化性のあるポリフェノールを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。