e地産地消

熊本ねぎ

熊本ねぎ

名称 熊本ねぎ
都道府県名 熊本県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum
生産地 熊本市西部新港線沿い
収穫地域情報 古くから栽培され、農家が自家採種する熊本の固定種である。
歴史背景 明治時代から昭和初期にかけて、白川下流域の熊本市力合・中島・三和地区などに広まったねぎが代々農家で受け継がれている。第二次世界大戦中は統制品となり、さまざまな系統の種子が配給されて系統が乱れたため、戦後選別が行われ、熊本独特の系統が確立された。現在は熊本独自の「ひご野菜」に認定されている。
時期 12月〜2月
特徴 九条ねぎ系統の葉ねぎで、葉の部分が大きく柔らかい。軽く炒めると甘みが増す。
料理名 炒め物、すき焼き、鍋物、味噌汁など
選び方 葉先までピンととがって鮮やかな緑色のものを選ぶ。
保存方法 濡れた新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存する。
栄養 β−カロテン、ビタミンB1、B2、葉酸、カルシウムやカリウムなどが多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。