e地産地消

すいおう

すいおう

名称 すいおう
都道府県名 熊本県
区分 いも及びでん粉類
分類 ヒルガオ科サツマイモ属
学名 Ipomoea batatas
生産地 合志市、大津町
収穫地域情報 産地は熊本県阿蘇地方に位置する。このあたりの農地は火山灰土を多く含み、黒くホクホクしているため、黒ボク土壌と呼ばれ、サツマイモの栽培に適する。
由来 鮮やかな翠色をした葉の美しさから、翠の王様を意味する「翠王(すいおう)」と命名。
歴史背景 九州地方は古くからサツマイモの栽培が盛ん。豊富な栄養素が含まれる葉や茎を食べられる品種を開発したい、と望む研究者は多かった。1998年から九州沖縄農業研究センターで開発が進められ、2004年に種苗登録された。
時期 6月〜9月
特徴 葉、茎の部分を野菜として食べる新しい品種のサツマイモ。葉はハート型をしている。通常のさつまいもの葉や茎に含まれるえぐみがない。葉柄はゆでるとモロヘイヤに似た食感になる。
料理名 現在はお茶や焼酎、パン、パスタ、もちなどの原料としての利用が中心。生の葉は炒め物、ゆでて和え物などに。
栄養 鉄、カルシウム、β−カロテン、ビタミンE、K、食物繊維などが豊富で、ポリフェノールやルテインも含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。