e地産地消

ヒゴムラサキ

ヒゴムラサキ

名称 ヒゴムラサキ
都道府県名 熊本県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
外国語名 Eggplant
生産地 高森町、御船町吉無田、水俣市、芦北町、津奈木町
歴史背景 ヒゴムラサキは、熊本の伝統野菜「熊本赤ナス」の優良系統のナスを、2001年に熊本県農業研究センターが品種改良して育成した新品種。
時期 7月上旬〜10月下旬
特徴 赤紫色の皮にずんぐりした胴回りで、長さ約30cmと長い。アクが少なく、加熱するとトロッとした食感を楽しめる。ジューシーでほんのりと甘みがある。
料理名 浅漬け、焼きナス、麻婆ナス、炒め物、煮物など
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 成分のほとんどが水分。皮の紫色はアントシアニン。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。