e地産地消

葉にんにく

葉にんにく

名称 葉にんにく
都道府県名 高知県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium sativum
生産地 南国市
収穫地域情報 高知県は、北は四国山脈、南は太平洋に阻まれ、他県から隔絶された地理的条件のもと、独自の食文化を育んできた。その中の一つが、葉にんにくを食べる習慣である。鍋物に欠かせない食材であるほか、刻んですり潰し、酢と味噌を合わせたタレ「ぬた」などにして食べる。
歴史背景 安土桃山時代に土佐を治めていた長曾我部元親公が、朝鮮出兵時に持ち帰ったなど、ルーツについては諸説ある。
時期 11月下旬〜2月
特徴 根の部分より香りや辛味がマイルドで、繊維質が少なく柔らかい。
料理名 回鍋肉、麻婆豆腐、チャーハン、炒め物、すき焼き、鍋物、卵とじなど。ヌタにしてブリやハマチの刺身のタレに
栄養 β−カロテン、カリウム、ポリフェノール、ビタミンCを含む。ビタミンB1の吸収をよくする硫化アリルが豊富。
問い合わせ先 高知県地産地消・外商課
TEL:088-823-9753

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。