e地産地消

豊のしゃも

豊のしゃも

名称 豊のしゃも
都道府県名 大分県
区分 鶏肉
生産地 大分県各地
収獲地域情報 豊のしゃもは、通常のブロイラーの3倍ほど、150日〜180日かけて平飼いで育ててから出荷する。
歴史背景 豊のしゃもは、1985年から大分県農林水産研究指導センター畜産研究部で繰り返し試験を行い、誕生した地鶏。
時期 通年
特徴 母方に強健で温順な「ロードアイランドレッド」と、増体の良い「ホワイトプリマスロック」の組み合わせから作出した、発育・産卵性が良く強健な「九州ロード」を用い、父方に鶏肉で最も美味しいとされる「シャモ」を用いて生まれた地鶏。脂肪が少なく肉に締まりがあり、シャモ独特のコクがある。
料理名 親子丼、から揚げ、チキンカツ、鶏すき、チキンカレー、チキンソテー、サラダ、蒸し鶏、チキンライス、焼き鳥など
栄養 「旨み」成分であるイノシン酸含有量が7.62μmol/gと高い(一般のブロイラーは5μmol/g前後) ※大分県農林水産研究指導センター畜産研究部調べ
問い合わせ先 「The・おおいた」ブランド流通対策本部
http://theoita.com

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。