e地産地消

夏秋ピーマン

夏秋ピーマン

名称 夏秋ピーマン
都道府県名 大分県
区分 野菜類
分類 ナス科トウガラシ属
学名 Capsicum annuum
外国語名 Sweet pepper(英)、piment(仏)
生産地 豊後大野市、大分市、竹田市、中津市、臼杵市野津町
収穫地域情報 大分県は夏秋ピーマンの栽培が盛んで、2009年時点で全国4位、西日本1位の生産量を誇る。主にビニールハウスで促成栽培している。
歴史背景 大分県でピーマン栽培が始まったのは1970年頃。1975年頃から雨除け栽培で、栽培の安定をはかるようになった。近年は減農薬栽培により、作柄の安定が図られている。
時期 5月中旬〜11月末頃
特徴 果肉は柔らかく、きれいな深い緑色をしている。ほんのり甘く、生食もできる。
料理名 青椒肉絲、炒め物、チャーハン、サラダ、肉詰め、焼きピーマンなど
選び方 色が鮮やかで、ハリがあるものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、食物繊維が豊富。
問い合わせ先 「The・おおいた」ブランド流通対策本部
http://theoita.com

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。