e地産地消

秋田紅あかり

秋田紅あかり

名称 秋田紅あかり
都道府県名 秋田県
区分 果実類
分類 バラ科リンゴ属
学名 Malus domestica
生産地 鹿角市、大館市、横手市、湯沢市など
収穫地域情報 収穫地域は県内有数のりんご産地。昼夜の寒暖差が大きいため、表皮が赤く糖度が高い秋田紅あかりの産地に適する。
歴史背景 1996年に発見された偶発実生。1998年から試験栽培を行い、2005年に品種登録された。
時期 11月上旬
特徴 鮮やかな赤色に大きな果点が浮かび上がる果皮が特徴。酸味が少なく、糖度が高く濃厚な甘みを味わえる。果肉はしっかりしていて適度に歯触りがある。
保存方法 ポリ袋等に入れて冷蔵庫等で、低温で保存する。
栄養 クエン酸、リンゴ酸などの有機酸やペクチンなどの食物繊維を多く含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。