e地産地消

八木にんにく

八木にんにく

名称 八木にんにく
都道府県名 秋田県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium sativum
外国語名 Garlic
生産地 横手市増田町八木地区
収穫地域情報 内陸部に位置する横手市は、豊かな自然に恵まれ、冬は雪に覆われる地域である。八木地区は商業地増田町の台所と言われ、400年続く朝市を支えてきた。八木地区の9割の家庭で八木にんにくが栽培されている。
歴史背景 八木にんにくは、八木地区で古くから栽培されてきた伝統野菜である。
時期 6月(青にんにく)、7月〜10月
特徴 外皮は褐色がかっている。辛味が少なく、甘味があり、香りが柔らかいと言われている。
料理名 青にんにくは生のまま味噌をつけて食べられる。ロースト、すりおろして薬味に。
栄養 ビタミンB群、カルシウム、食物繊維などを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。