e地産地消

仙寿菜

仙寿菜

名称 仙寿菜
都道府県名 岐阜県
区分 野菜類
分類 ヒユ科ヒユ属
学名 Amaranthus caudatus
生産地 美濃市
歴史背景 2000年代はじめ、岐阜大学応用生物科学部の大場教授がバングラデシュから赤アマランサスの種を持ち帰り、研究開発と育種を繰り返して作り出したのが、仙寿菜。この名称は2006年に岐阜大学が登録した商標名である。特産品を作りたいと考えていた美濃市で栽培することになり、2010年に市内の農家で「美濃仙寿菜生産組合」を作り、栽培を始めた。順調に栽培農家数が増えている。
時期 6月下旬〜10月下旬
特徴 雑穀として種を利用するアマランサスの葉を食べられるように改良した野菜。透明感のある赤紫色の葉が特徴。味や香りにくせがなく食べやすい。
下処理 熱湯でさっとゆでるなど火を通してから使う。ゆですぎると赤い色が抜ける。
料理名 サラダ、お浸し、パスタ、仙寿菜飯、天ぷらなど
栄養 カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンC、食物繊維などが豊富。赤い色は抗酸化作用が強いベタシアニン。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。