e地産地消

あじめこしょう

あじめこしょう

名称 あじめこしょう
都道府県名 岐阜県
区分 野菜類
分類 ナス科トウガラシ属
学名 Capsicum annuum
外国語名 chili pepper
生産地 中津川市福岡地区
収穫地域情報 岐阜県の東南端に位置する中津川市は、東西中央部に木曽川が、南北を木曽川の支流、付知川が流れ、周囲を日本アルプスの山々に囲まれた中山間地帯で、市の面積の80%を森林が占める。農作物全体で農薬や化学肥料の使用を抑えた「ぎふグリーン農業」指定産物など、安心・安全な生産に努めている。
由来 付知川に生息するあじめドジョウに姿がよく似ていることから。
歴史背景 あじめこしょうは、中津川市下野地区で約400年前から栽培されてきた在来野菜である。1999年に地元有志が新たなトウガラシ文化を発信しようと「好辛倶楽部」を結成して宣伝に努め、2002年には飛騨・美濃伝統野菜の認証を受けた。
時期 7月〜11月
特徴 一般的なトウガラシと比べて3〜5倍辛いが、独特の風味があり、辛さの中にも甘みがある。
料理名 炒め物、唐辛子味噌やサルサソースなどの調味料など。
栄養 血行をよくするカプサイシンを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。