e地産地消

きくいも

きくいも

名称 きくいも
都道府県名 岐阜県
区分 いも及びでん粉類
分類 キク科ヒマワリ属
学名 Helianthus tuberosus
生産地 恵那市岩村町など
別名 いもの切り口の模様が菊の花に似ていることから。
歴史背景 日本にきくいもが導入されたのは江戸末期。豚の餌として導入され、当初は「豚いも」と呼ばれていた。繁殖力が強く、全国に野生化したものが広がり、戦後の食糧難時代は主食として人々を支えた。漬物作りが盛んな恵那市では、長年漬物として食べられており、岐阜県が飛騨・美濃伝統野菜として認証している。
時期 11月
特徴 根が肥大したいもの部分は、しょうがに似ている。漬物はシャキシャキした食感になる。
下処理 皮がとても薄いため、金たわしでこすり落とす。
料理名 生でサラダ・和え物に。炒め物、煮物、天ぷら、味噌漬け、粕漬け
選び方 身が固く締まり、しなびず、丸くなっているものを選ぶ。
保存方法 土がついたままのものを冷蔵庫で保存する。
栄養 イヌリンが豊富。デンプンが少なくカロリーが低い。カリウム、食物繊維が豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。