e地産地消

金華

金華

名称 金華
都道府県名 岐阜県
区分 果実類
分類 ブナ科クリ属
学名 Castanea crenata
生産地 恵那市
収穫地域情報 恵那市は岐阜県の東南端に位置し、栗の栽培が盛ん。金華は岐阜県で生産される栗の約10%を占める。
由来 岐阜県の名山「金華山」から。
歴史背景 栗農家で栗博士と言われる塚本實氏が長年研究し、1970年に開発した品種である。
時期 8月下旬〜9月上旬
特徴 昭和半ば、栗の害虫である「クリタマバチ」の襲来を受けても無事だった栗を元に開発された品種で、蜂の耐性に強く、収穫時にはイガから離れて実だけが落果する。皮は赤褐色。
料理名 栗きんとん、栗ご飯、煮物など
選び方 鬼皮にハリと光沢があり、ふっくらと丸みがあるものを選ぶ。手に持ったときにずっしりと重みがあるものがよい。
保存方法 新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に保存する。
栄養 ビタミンB1、C、カリウムが豊富。渋皮にはポリフェノールの一種、タンニンが多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。