e地産地消

瀬戸の筍

瀬戸の筍

名称 瀬戸の筍
都道府県名 岐阜県
区分 野菜類
分類 イネ科マダケ属
学名 Phyllostachys heterocycla
生産地 中津川市瀬戸地区
収穫地域情報 中津川市瀬戸地区は、木曽川右岸に竹林が広がっている。御嶽火山灰土の肥沃な土壌と早朝にかかる霧が、柔らかく甘みのある筍を育む。
歴史背景 瀬戸の筍の歴史は古く、今から約270年前、苗木藩(中津川市苗木)に嫁入りした島津藩のお姫様が持ってきた竹を、木曽川縁に栽植したのが始まりと言われている。出荷組合ができてからも約80年経つ。
時期 4月中旬〜5月上旬
特徴 太くて柔らかく、甘味がある。アクが少ないのが特徴。
下処理 筍の先端5分の1程度を斜めに切り落とし、切り取った部分に垂直に切れ目を入れる。鍋に水10カップに対し、米ぬか1カップ、赤唐辛子1〜2本を入れて筍を入れ、火をつけて沸騰したら火を弱め、落し蓋をして少なくとも1時間以上ゆでる。500〜700g程度なら2時間が目安。ゆで汁が冷めるまで置いておき、冷めたら筍を取り出してよく洗い、皮をむく。
料理名 筍ご飯、若竹煮、煮物、木の芽和え、スープ、炒め物など
選び方 ずっしりと重いものを選ぶ。皮にツヤとハリがあり、頭が黄色く開いていないものがよい。
保存方法 ゆで汁ごと密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存する。なるべく早く使い切る。ゆで筍も、同様に水に入れて冷蔵庫で保存する。
栄養 食物繊維、カリウムが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。