e地産地消

南濃のみかん

南濃のみかん

名称 南濃のみかん
都道府県名 岐阜県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus unshiu
外国語名 Satsuma mandarin
生産地 海津市南濃町
収穫地域情報 南濃町は岐阜県の西端に位置する。年間平均気温15.3℃とみかん栽培に適した気温で、雪も少なく、岐阜県では唯一のみかん生産地となっている。
歴史背景 1872年に石津村太田(現在の南濃町)の伊藤東太夫氏が、紀州方面へ視察した際、石津村と気象条件が良く似ていることから、1879年に南条(現太田地区)へ苗数百株を移植したのがみかん栽培の始まり。苦心の末、1884年に果実を得ることに成功。栽培地が広がり、明治末期には100haを超え、水田面積の所得を上回ったという。酸味が強いため、最近では品種が置き換わりつつある。
時期 10月〜12月に貯蔵し、1月〜3月中旬に出荷される。
特徴 もともとは酸味が強いが、貯蔵したものはが甘味が強くなるため、爽やかでとても甘い。
選び方 やや扁平で皮の肌のキメが細かいもの、手で持ったときに柔らかく、しっとりしているものがよい。色は橙色が濃いものを選ぶ。
保存方法 風通しの良い冷暗所で保存する。
栄養 ビタミンCなどのビタミン類やカリウム、食物繊維が豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。