e地産地消

美濃白川茶

美濃白川茶

名称 美濃白川茶
都道府県名 岐阜県
区分 し好飲料類
分類 ツバキ科ツバキ属
学名 Camellia sinensis
外国語名 Tea
生産地 白川町、東白川村
収穫地域情報 中山間地帯の白川町、東白川村は、お茶栽培の北限と言われる。昼夜の寒暖差が大きく、朝霧が多い。傾斜が多く、標高や水はけの違いで多様な個性の茶葉が育つため、茶園によって異なる味わいを楽しめる。
歴史背景 お茶は五加幡竜寺、白川町白山神社に伝わったとされる。時期については諸説あるが、400年以上は前と思われる。1687年の文献に白川の茶に関する記述がある。「美濃白川茶」は2008年に地域団体商標に登録された。
時期 通年
特徴 緑に近い濃厚な色、高い香気を持ち、深い味わいがある。日本有数の銘茶とされる。
保存方法 未開封のお茶は冷蔵庫または冷凍庫で保存する。開封後は密閉性と遮光性のある容器に移し、冷暗所で保存する。
栄養 ポリフェノールの一種であるカテキン類やカフェイン、ビタミンCなどを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。