e地産地消

利平

利平

名称 利平
都道府県名 岐阜県
区分 果実類
分類 ブナ科クリ属
学名 Castanea crenata
生産地 山県市
収穫地域情報 山県市は岐阜市の北に位置し、山地丘陵部が多い。
由来 利平を生み出した土田健吉氏の家号「利平治」から採った。
歴史背景 利平は、岐阜県山県市の土田健吉氏が1940年、日本産の「大桑大粒」と天津甘栗に用いられる中国栗を掛け合わせて生み出し、1950年に農林大臣から認定された品種である。近年は後継者不足により、生産高は1992年の4分の1にまで減少した。現在も味の改良が続けられている。
時期 9月中旬〜10月上旬
特徴 先端が偏円形でハリが良く、黒褐色で光沢がある。大粒で強い甘みがあり、「栗の王様」と言われる。香りも強い。
下処理 水に数時間から半日浸けておく。栗のお尻を切り落とし、鬼皮と渋皮をむく。お湯で10分程度ゆでておくと渋皮を剥きやすい。
料理名 栗ご飯、栗きんとん、渋皮煮、栗ぜんざい、ゆで栗など
選び方 鬼皮にハリと光沢があり、ふっくらと丸みがあるものを選ぶ。手に持ったときにずっしりと重みがあるものがよい。小さい穴があるものや黒い傷があるものは避ける。
保存方法 ポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存する。
栄養 ビタミンB1、C、カリウムが豊富。渋皮にはポリフェノールの一種、タンニンが多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。