e地産地消

黒十全なす

黒十全なす

名称 黒十全なす
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
生産地 新潟市など
収穫地域情報 新潟県は日本一のなす栽培面積を誇り、県民は日本で一番なすを食べると言われる。しかし、多くを自家消費するため、出荷量はそれほど多くない。
別名 十全なす
歴史背景 昭和初期、中蒲原郡十全村(現五泉市)の農家が、泉州水なす系統の種子を購入し、自家栽培したのが十全なすの始まり。その頃は農家が自家採種して育てる白十全なすだった。しかし、色むらがあり大量生産に向かないことから、食料の大量生産が始まった高度成長期、長岡市の梨なすを親としたF1種の黒十全なすが開発され、普及していった。
時期 6月〜9月
特徴 皮がとても柔らかく、身が締まっている。ほのかな甘みが特徴。
料理名 浅漬け、炒め物、味噌汁、煮物など
選び方 ヘタが尖っていて、皮にハリがあるものを選ぶ。
保存方法 冷暗所に保存するか、新聞紙などで包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に保存する。
栄養 食物繊維、水分、カリウムが豊富。
備考 写真提供:新潟県

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。