e地産地消

刈羽節成きゅうり

刈羽節成きゅうり

名称 刈羽節成きゅうり
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 ウリ科キュウリ属
学名 Cucumis sativus
生産地 柏崎市西中通地域
由来 つるの節ごとに生るので、「節成」と呼ばれる。
歴史背景 明治時代から戦前にかけて、採種用に栽培されていた。40年ほど栽培が途絶えていたが、2008年に地区コミュニティー祭りで、栽培当時の模様が紹介されたのを機に栽培が復活。柏崎市で柏崎伝統野菜として認定された。
時期 6月〜8月
特徴 早生で長く、寒地の栽培に向く。きゅうり特有の苦みがあり、歯切れがよい。
料理名 浅漬け、酒粕漬け、サラダ、炒め物など
選び方 皮にハリがあり、イボが尖っているものの鮮度が良い。
保存方法 ヘタを上にしてポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、食物繊維などを含む。水分が多い。
備考 写真提供:新潟県

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。