e地産地消

ゆうごう

ゆうごう

名称 ゆうごう
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 ウリ科ユウガオ属
学名 Lagenaria siceraria var. hispida
外国語名 Bottle gourd
生産地 柏崎市、長岡市など
別名 ゆうがお、実を干したものはかんぴょう
由来 花が夕方に咲き、朝にしぼむことから。
歴史背景 日本では平安時代に伝わってきたとされる。柏崎市では古くから栽培されている。柏崎地場特産品に指定されている。
時期 7月〜8月
特徴 実を細く切り、干したかんぴょうは有名だが、新潟県では若い実を料理して食べる。癖のない味わいで、郷土料理の「ゆうごうのクジラ汁」には欠かせない素材。
料理名 味噌汁、炒め物、サラダ、煮物など。ゆでて冷やし、からし醤油で和えてもよい。
選び方 表面に傷がなく、持ってみてずしりと重みを感じるものがよい。
保存方法 丸のままの場合は冷暗所に保存する。切ったものは、冷蔵庫に保存する。
栄養 食物繊維、カリウム、カルシム、マグネシウム、リンが豊富。
備考 写真提供:新潟県

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。