e地産地消

宝交早生

宝交早生

名称 宝交早生
都道府県名 新潟県
区分 果実類
分類 バラ科イチゴ属
生産地 柏崎市下大新田地区など
由来 宝塚市で交配し誕生したことから。
歴史背景 1962年に兵庫県宝塚市で誕生した品種。
時期 5月〜6月
特徴 鮮やかな紅色で柔らかな口当たり。甘味と酸味のバランスが良い。
料理名 生のままで。ヨーグルトや牛乳と一緒に。イチゴジャム、ケーキなど
選び方 ヘタの近くまで色づいていて、色むらがないこと。表面にツヤがあり、産毛のようなものが残っているものを選ぶ。ヘタの緑色が鮮やかで、ピンと立っているものの鮮度が良い。
保存方法 冷蔵庫に入れて保存し、なるべく早く食べ切る。
栄養 ビタミンCを豊富に含む。果糖とブドウ糖、酸味としてクエン酸とリンゴ酸を含む。
備考 写真提供:新潟県

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。