e地産地消

拝島ネギ

拝島ネギ

名称 拝島ネギ
都道府県名 東京都
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum
生産地 昭島市
歴史背景 昭和初期、茨城県水戸市周辺から種を持ち込み、栽培が始まったのが拝島ネギ。1998年まで市場出荷していたが、柔らかいため育てにくく生産者が減少していた。2007年から昭島市が特産品にしようと試みが始まり、2009年には東京都の農林総合研究センターで採種が始まり、2012年には昭島市で復活栽培が始まった。
時期 11月中旬〜2月
特徴 一般的な根深ネギより軸が柔らかい。生だと辛味が強く、加熱すると甘くなる。柔らかい食感が特徴。
料理名 ねぎま鍋、焼きねぎ、味噌汁、スープ、焼き鳥など
栄養 ビタミン類は白い部分より緑の部分に多い。辛味と刺激臭は硫化アリルによる。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。