e地産地消

滝野川大長ニンジン

滝野川大長ニンジン

名称 滝野川大長ニンジン
都道府県名 東京都
区分 野菜類
分類 セリ科ニンジン属
学名 Daucus carota
生産地 小平市、西東京市
由来 現在の北区滝野川、豊島郡滝野川村で栽培されていたことから。
歴史背景 江戸時代から1945年頃まで盛んに栽培されていた。当時は長いニンジンしかなかった。しかし、明治以降にフランスから短いニンジンが入ってきたことで、収穫がたいへんな長いニンジンは衰退した。2015年に江戸東京野菜に登録された。
時期 11月
特徴 根が長く、1mにも及ぶ。身が締まっていて、濃厚な味わい。
料理名 煮物、かき揚げ、味噌汁、サラダ、カレー、スープ、味噌汁など
栄養 β−カロテンを多く含む。
問い合わせ先 JA東京中央会
http://www.tokyo-ja.or.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。