e地産地消

宮城県のカツオ

宮城県のカツオ

名称 宮城県のカツオ
都道府県名 宮城県
区分 魚介類
分類 サバ科カツオ属
学名 Katsuwonus pelamis
外国語名 Skipjack tuna、bonito
生産地 気仙沼市、女川町、石巻市、塩竃市
収獲地域情報 気仙沼市は生鮮カツオ水揚げ量で日本一を誇り、東日本大震災で甚大な被害を受けたときも、水揚げを途切れさせなかった。
歴史背景 江戸時代から漁業が盛んな気仙沼港。1956年に魚市場が現在の内ノ脇に「東洋一の魚市場」と銘打ち移転し拡大したことで発展。この頃からカツオ漁も盛んになり、1997年から20年間水揚げ量日本一を誇る。2011年3月に東日本大震災で被災したが、6月から水揚げしている。
時期 4月〜6月、9月中旬
特徴 特に9月中旬の脂が乗った戻りがつおは、マグロのトロのような旨味がある。
料理名 たたき、刺し身、寿司、サラダ、カルパッチョ、煮ものなど
栄養 高タンパク。ビタミンB1、ビタミンD、IPA(EPA)やDHAが豊富。タウリンやビタミンB12を含む。
問い合わせ先 食材王国みやぎ
http://www.foodkingdom-miyagi.jp/index.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。