e地産地消

ニガウリ

ニガウリ

名称 ニガウリ
都道府県名 群馬県
区分 野菜類
分類 ウリ科ツルレイシ属
学名 Momordica charantia
外国語名 Bitter melon
生産地 板倉町、館林市、明和町、邑楽町、大泉町
収穫地域情報 ニガウリ産地の群馬県東毛地域は、夏の気温が高く、赤城おろしのからっ風で、野菜の栽培が盛ん。ニガウリは本州で最も生産量、出荷量が多い。
別名 ゴーヤー、レイシ
歴史背景 ニガウリが日本に伝わったのは江戸時代と言われる。群馬県東毛地域では、1997年からキュウリやナスに替わる商品作物として板倉町で栽培され、各地へ広がった。
時期 5月〜9月
特徴 表面がイボで覆われ、食べると苦味がある。完熟する前の未熟果を食べる。
下処理 縦半分に割り、中の種とワタをスプーンなどでこそげ取る。3〜5mm程度にスライスすると適度に食感が残り、食べやすい。
料理名 ゴーヤーチャンプルー、炒め物、お浸し、サラダ、カレーなど。
選び方 ふっくらしていて、あまり大き過ぎないもの、持ったときに固いぐらいにハリがあり、ずっしりと重みがあるものが良い。緑色が濃く、表面に艶があるものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 ビタミンCの含量が多く、熱を加えてもあまり減らない。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。