e地産地消

ベニバナインゲン

ベニバナインゲン

名称 ベニバナインゲン
都道府県名 群馬県
区分 豆類
分類 マメ科インゲンマメ属
学名 Phaseolus coccineus
外国語名 scarlet runner bean
生産地 吾妻郡、利根郡など
収穫地域情報 吾妻郡西部は、浅間山、四阿山、白根山などの 2,000m級の山々の裾野に広がる高原地帯で、ベニバナインゲンが重要な農産物となっている。
別名 オイランマメ、ハナマメ
歴史背景 日本にベニバナインゲンが導入されたのは江戸時代末だが、当初は観賞用だった。群馬県で栽培されるようになったのは、1920年。1945年頃に周辺へも栽培地が広がっていった。
時期 11月〜12月
特徴 インゲンマメより肉厚で大きく、煮崩れしにくい。
下処理 一晩水に漬けて戻す。
料理名 煮豆、シチュー、スープなど。
栄養 ビタミンB1、B2、K、カリウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、タンパク質、食物繊維を含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。