e地産地消

セルリー

セルリー

名称 セルリー
都道府県名 香川県
区分 野菜類
分類 セリ科オランダミツバ属
学名 Apium graveolens var. dulce
外国語名 Celery
生産地 観音寺市
収穫地域情報 観音寺市は香川県西部に位置し、温暖な気候を利用した野菜栽培が盛んである。セルリーの栽培が盛んな有明地区では、海岸沿いの水はけの良い土壌を利用している。
別名 セルリ、セロリ、セロリー、オランダ三つ葉
歴史背景 野生種はヨーロッパからインド北西部に自生していた。16〜17世紀にイタリアやフランスで栽培が始まった。日本へは、朝鮮出兵の折に加藤清正が中国種を持ち込んだという説がある。その後、江戸時代に西洋種が入ってきた。香りが強いため、なかなか普及しなかったが、戦後になって食生活の洋風化と共に普及するようになった。現在出回っているものは、香りが比較的弱くアメリカから持ち込まれた品種で、昭和50年代から一般的になった。
時期 11月〜6月
特徴 独特の香りがあり、スープやサラダにすると味が引き立つ。
料理名 サラダ、スープ、炒め物、肉料理の付け合わせなど
選び方 葉にハリがあって香りがあるものを選ぶ。茎が白くて太く、筋がはっきりしているものが良い。
保存方法 茎と葉を切って分け、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存する。
栄養 β-カロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富。
備考 写真提供:(一財)かがわ県産品振興機構

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。