e地産地消

食べて菜

食べて菜

名称 食べて菜
都道府県名 香川県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
生産地 高松市など
由来 「みんなに食べて欲しい」という思いから命名。
歴史背景 葉物野菜を好まない子供が増えていることから、香川県農業試験場で2006年に誕生した新品種。2009年から高松市の生産者、森博幸氏に依頼して試験栽培を行った後、学校給食での導入が始まった。2011年からは量販店での扱いも始まった。
時期 11月〜2月
特徴 「食べて菜」は、広島菜と野沢菜を掛け合わせた「さぬきな」に、小松菜を掛け合わせて生まれた品種。葉に小さなギザギザがある。シャキシャキ感があり、苦味が少ない。アクが少なく葉が柔らかく甘味があって、生でも食べられる。
料理名 サラダ、ジュース、炒め物、お浸し、味噌汁、胡麻和え、パスタなど。
栄養 カルシウム、鉄はレタスの2倍と豊富。
備考 写真提供:(一財)かがわ県産品振興機構

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。