e地産地消

モロヘイヤ

モロヘイヤ

名称 モロヘイヤ
都道府県名 香川県
区分 野菜類
分類 シナノキ科シナソ属
学名 Corchorus olitorius
外国語名 Mulukhiya
生産地 東かがわ市、綾歌町、三木町
別名 シマツナソ
由来 「モロヘイヤ」は、アラビア語の名前。「王様のもの」を意味する「ムルキーヤ」から来ている。古代エジプトの王がモロヘイヤのスープを飲んで健康を回復したという逸話がある。
歴史背景 アフリカ北部からインド西部までが原産地。古代エジプトで食べられていた。日本では1984年に本格導入された。クレオパトラが好んだという逸話が知られるなど、栄養価が高いため、健康志向とあいまって人気が出た。
時期 7月〜10月
特徴 柔らかい葉を食用にする。葉を刻むと、独特のぬめりが出る。
料理名 スープ、お浸し、天ぷら、炒め物など。
選び方 茎が手で折れるぐらい柔らかく、葉先までピンとしているものを選ぶ。全体的にみずみずしく、青々としているものが良い。
保存方法 濡らしたキッチンペーパーで茎の根元を巻き、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 β-カロテン、ビタミンK、食物繊維、カリウム、カルシウムが豊富。
備考 写真提供:(一財)かがわ県産品振興機構

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。