e地産地消

ゲタ

ゲタ

名称 ゲタ
都道府県名 香川県
区分 魚介類
分類 ウシノシタ科イヌノシタ属
学名 アカシタビラメ:Cynoglossus joyneri コウライアカシタビラメ:Cynoglossus abbreviates イヌノシタ:Cynoglossus robustus
外国語名 アカシタビラメ:red tonguesole コウライアカシタビラメ:Three-line tongue-sole イヌノシタ:Tonguefish, Tongue-sole
生産地 備讃瀬戸
収獲地域情報 ゲタを干す風景は、備讃瀬戸の冬の風物詩となっている。
別名 ベタ、クツゾコ
時期 11月〜4月
特徴 カレイやヒラメのように体が平べったく、背びれ、尾びれ、腹ビレがつながっている。香川県で獲れるゲタは、3種類。コウライアカシタビラメは砂底に生息し、ウロコが小さく離れにくいのに対し、イヌノシタは泥底に多く、ウロコが大きく剥がれやすい。アカシタビラメは、その中間域に生息する。高松市ではコウライアカシタビラメの味の評価が高く、観音寺市ではイヌノシタの評価が高い。淡白で柔らかい白身魚。
下処理 (1)頭にあら塩を付けて口元に切り込みを入れ、一気に皮を剥ぐ。(2)裏側も同様にする。(3)頭と尾を切り落とし、内臓を取り出してさっと洗う。
料理名 ムニエル、干し舌平目の網焼き、煮つけ、フライなど。
選び方 体にハリがあり、柔らかくなっていないもの、表面に艶があり干からびていないものを選ぶ。
栄養 脂肪が少なめでタンパク質が多い。ビタミンB12、レチノールなどを含む。
備考 写真提供:(一財)かがわ県産品振興機構

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。