e地産地消

いちじく

いちじく

名称 いちじく
都道府県名 広島県
区分 果実類
分類 クワ科イチジク属
学名 Ficus carica
生産地 尾道市、福山市、呉市、広島市
収穫地域情報 広島県はいちじく栽培が盛んで、中でも尾道市は全国有数の産地である。
由来 1日に1個ずつ熟すことから、「いちじゅく」がなまったとする説、中国語名の「インジェイクォ」から来たという説などがある。
歴史背景 広島市古江地区は、江戸時代後期から国内有数のいちじく産地となっており、明治初期から栽培の本格化が始まった。
時期 8月下旬〜11月
特徴 濃厚な甘味ともっちりした食感が特徴。独特のプチプチした食感の元になるツブツブは花。
料理名 サラダ、肉料理の付け合せ、タルト、ジャムなど。
選び方 果皮に張りと弾力があり、香りのよいもの、付け根の切り口部分まで赤く色づいているものを選ぶ。お尻の部分が裂けそうになり、ヘタのところまで赤褐色に染まると食べ頃。果皮に傷があるものやしなびているもの、お尻の部分が割れすぎているものは避ける。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 食物繊維が豊富。カルシウム、マグネシウムなどを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。