e地産地消

広島菜

広島菜

名称 広島菜
都道府県名 広島県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica rapa var. toona subvar. Hiroshimana
生産地 広島市安佐南区川内地区など
収穫地域情報 川内地区は市街地からほど近い畑作地域。古川と太田川に挟まれた砂壌土で水はけが良く、広島菜の栽培に適する。ほとんどは広島菜漬に使われる。
別名 京菜、平茎、餅菜
歴史背景 一説には、1597年に導入されたと言われる。江戸時代に、藩主の参勤交代に随行した安芸国観音村(現広島市西区観音)の住人が、帰路、京都本願寺に参詣した折に種子を入手、栽培を始めたという説や、明治初期に株を持ち帰ったという説もある。少なくとも、約130年前から広島で栽培されている。広島菜という呼び名は、1933年に産業博覧会で出品された折に付けられた。
時期 12月〜1月
特徴 繊維が少なく、軟らかい。口に広がるほのかな香りと、ピリッとした風味が特徴。浅漬けにするとシャキシャキした食感と歯ごたえを楽しめる。
料理名 広島菜漬、炒めもの、スープなど。
選び方 葉の緑色が濃く、根元から葉先までピンとしていて肉厚なものを選ぶ。
保存方法 新聞紙などに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 カリウム、カルシウム、β-カロテン、ビタミンC、葉酸が豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。