e地産地消

伊豆きぬさやえんどう

伊豆きぬさやえんどう

名称 伊豆きぬさやえんどう
都道府県名 静岡県
区分 野菜類
分類 マメ科エンドウ属
学名 Pisum sativum
外国語名 green pea
生産地 下田市
収穫地域情報 下田市は伊豆半島南端に位置する温暖な地域である。
収獲地域情報 下田市できぬさやえんどうの栽培が始まったのは、明治末期。第二次世界大戦中は生鮮野菜の統制などで激減したが、戦後、保存していた種子を使い栽培が復活した。
時期 9月〜5月
特徴 色が鮮やかなのが特徴。4月〜6月は若々しい味わい。9月〜11月は成熟した甘味がある。
下処理 先端をつまみ、反っている内側に向かって引きちぎるようにして筋を取る。枝についていたほうの端をつまみ、反っている外側を引きちぎるようにして筋を取る。
料理名 卵とじ、味噌汁、煮物の青みとして、炒め物、天ぷら、サラダなど。
選び方 緑色が鮮やかで、しっかりした厚みがあるものを選ぶ。薄くてぐにゃぐにゃ曲がるものは鮮度が悪い。
保存方法 ポリ袋に入れ、冷蔵庫に保存する。鮮度が落ちやすいので、さっと塩ゆでし密閉容器で保存しても良い。
栄養 β-カロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富。
問い合わせ先 静岡県/しずおか食セレクション
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-110/shizuoka_syoku_selection/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。