e地産地消

寿太郎温州

寿太郎温州

名称 寿太郎温州
都道府県名 静岡県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus unshiu
外国語名 Satsuma mandarin
生産地 沼津市静浦地区、内浦地区、西浦地区
別名 寿太郎みかん
由来 この温州みかんを発見した山田寿太郎氏の名前を取った。
歴史背景 西浦地区ではみかん栽培の歴史が長く、約450年前の江戸時代から、コメの替わりにみかんを年貢として納めていたという記録が残る。高度成長期に各地でみかん栽培が盛んになったことから1972年に価格が暴落。高品質のものが求められていたところへ1975年、西浦地区のみかん農家の山田寿太郎氏が、青島温州の畑で果実の着色時期が早く、風味が優れた枝変わりを見つけた。改良を重ね、品種登録されたのが1984年。現在では沼津市のみかん栽培の半分を占める。
時期 2月〜3月
特徴 甘味と酸味のバランスに優れ、濃厚な味わいがある。
選び方 全体的によく色づき、艶があって皮にハリがあり、比較的扁平な形をしているものを選ぶ。
保存方法 風通しが良い冷暗所に保存する。
栄養 ビタミンCやカリウム、食物繊維も豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。