e地産地消

四ツ溝柿

四ツ溝柿

名称 四ツ溝柿
都道府県名 静岡県
区分 果実類
分類 カキノキ科カキノキ属
学名 Diospyros kaki
外国語名 Persimmon,kaki
生産地 長泉町など
由来 実に四条の浅い溝があることから
歴史背景 四ツ溝柿は、静岡県東部の愛鷹山麓が原産地と言われる。昭和20年代までは家庭用の果樹として庭などに栽培されていたが、食味に優れている点が注目されて昭和30年代に栽培が広がった。
時期 10月〜1月
特徴 やや小さめの渋柿。渋抜きしたものは、独特の甘味が18度にもなる。果肉が柔らかく、ジューシーな味わいがある。
栄養 ビタミンCを多く含む。β-カロテン、カリウム、食物繊維を含む。
問い合わせ先 静岡県/しずおか食セレクション
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-110/shizuoka_syoku_selection/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。