e地産地消

紅富士

紅富士

名称 紅富士
都道府県名 静岡県
区分 魚介類
分類 サケ科サケ属
学名 Oncorhynchus mykiss
外国語名 Rainbow trout
生産地 富士宮市
収獲地域情報 富士宮市はニジマスの生産量日本一を誇る。紅富士は、バナジウムを含む富士山の湧き水で通常より長く2〜3年かけて養殖されている。
由来 体の紅色帯と鮮やかな身の色から命名された。
歴史背景 静岡県のニジマス養殖は、富士宮市の静岡県水産試験場富士養鱒場で1933年に始まった。紅富士は2013年に県が認定するしずおか食セレクションに選ばれ、2015年に商品登録された。
時期 通年
特徴 2kg以上と大きい。身はツヤのある紅色をしていて、しっかりした歯応えがある。脂が適度にのっていてしつこくなく食べやすい。
下処理 包丁の背でウロコをそぎ取り、腹に包丁を入れて内臓とエラを取り除き、水で汚れを洗い流す。
料理名 塩焼き、寿司、カルパッチョ、刺し身、しゃぶしゃぶ、バター焼き、ホイル焼き、天ぷらなど。
選び方 側面のピンク色の帯がはっきりしており、水分があまり出ていないものの鮮度が良い。
栄養 ビタミンD、鉄、カルシウム、DHAなどを含む。
問い合わせ先 静岡県/しずおか食セレクション
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-110/shizuoka_syoku_selection/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。