e地産地消

外房イセエビ

外房イセエビ

名称 外房イセエビ
都道府県名 千葉県
区分 魚介類
分類 イセエビ科イセエビ属
学名 Panulirus japonicus
外国語名 Japanese spiny lobster
生産地 いすみ市、勝浦市、夷隅郡御宿町
収獲地域情報 イセエビはもともと茨城県以南の太平洋沿岸に広く分布し、外洋に面した浅い海の岩礁に棲息して、豊富なエサを食べて育っている。千葉県は全国的にイセエビの北限と言われているが、房総半島の外房地域沿岸には多くの磯根(=海藻が茂り、貝類などが棲む海域)があるため、イセエビの好漁場となっている。中でも外房地域は豊富な生物に恵まれた岩礁帯が続いている太東・大原から勝浦にかけての沿岸は全国有数のイセエビの漁獲量を誇る千葉県内でも高いシェアを占めている地域。その中でも特に夷隅東部漁協(大原・太東産)、御宿岩和田漁協(御宿岩和田産)、新勝浦市漁協(勝浦産)で獲れたものを“外房イセエビ”と呼び、千葉県のブランド水産物(“千葉県の四季のさかな「秋」”)に選定されている。また、いすみ市沖の器械根で漁獲されるイセエビは“伊勢海美”のブランド名称で商標登録されている。
栽培情報 海底付近を移動しているイセエビを漁獲する方法として、海底に刺し網と呼ばれる網を落とし、絡まったイセエビを捕獲する“底刺し網漁”という漁法が採用されている。その際、イセエビの活力低下を防ぐため、昼から夕方にかけて磯根に網を仕掛けに行き、翌日の早朝夜明け前から仕掛けた網上げを行い、陸で手際よく網はずし作業を行っている。傷つけないように一匹ずつ丁寧に外し、素早く生け簀に入れて活きのよさを保っている。こうすることで、活きのよさを保ち、独特の鮮やかな色、優れた身質と味を持つ高品質のイセエビの出荷が可能となっている。そのほか、資源管理のため、県の規則により漁獲禁止期間(6〜7月)を設けたり、漁獲してよい大きさ(眼のつけねから尾の端まで全長13センチ超)が定められている。漁業者は小型サイズのイセエビの再放流にも努めている。こうした漁師たちの地道な試みもあり、平成25年には水揚高全国1位になった実績もあるほどで、千葉県は日本有数のイセエビの産地である。
時期 4〜5月、8〜12月
特徴 体長は30センチほどにもなる大型のエビであるが、13センチを超えるものが外房イセエビの規格となっている。立派な触角と色鮮やかな赤色の殻を持っている。黒潮に鍛えられた身は引き締まってプリプリとしていて甘い。身質の良さに定評がある。
下処理 流水の下でたわしを使って軽くイセエビの汚れを取る。次に大きな鍋にイセエビがかぶるくらいたっぷりの水を入れ、パスタをゆでる程度の塩を入れて湧かす。湯が沸いたらイセエビを入れて3分間ゆでる。このとき、イセエビが元気すぎて危険な場合は、真水の中にいれて少し弱らせる。3分程度ゆでると殻が真っ赤になるので、ボールなどに引き上げ、冷めてきたら、片手で頭、もう片手で体を持って、ひねるようにして頭を取る。頭を取ったら、殻を剥く。キッチンばさみ等で殻に切り込みを入れると、つるんと身が取れる。最後は用途に合わせて切る。頭は半分に割ってお味噌汁に使ってもいいし、身はそのまま食べてもいい。
料理名 お造り、焼き物、揚げ物、煮物、塩ゆで、グラタン、天ぷら、パエリア、サラダ、パスタ、汁物など。
調理法 お造りなどの刺身にすると甘みとほどよい食感が楽しめる。焼く場合は殻がついたまま二つに割って醤油味のタレを塗り、仕上げ焼きすると伝統料理の鬼殻焼き(つけ焼き)になる。焼きたてはとてもうまい。強火で直焼きして豪快に食べるのもよい。殻ごとぶつ切りにして甘辛く煮込めばイセエビの具足煮になる。また、ゆでても美味しく、昆布だしなどでしゃぶしゃぶする。熱の通し加減をみながら食べるのがよい。頭の部分は半分に割って味噌汁の具材にも使える。
加工品 干もの。
選び方 原則的には生きているものを選ぶ。その際、持って重いものがよい。冷凍ものを選ぶのなら、生のままの状態で冷凍されたものかどうか確認すること。
保存方法 消費期限は2日間くらいだが、基本的にその日のうちに消費したほうがよい。保存する方法は、刺身にしたい場合は、容器に十分冷やした氷水を入れ、そこにイセエビを入れる。活け〆状態にして冷蔵庫で保存すれば、翌日も刺身で食べることができる。ボイルすれば20日程度は持つ。その際、ボイルした後に十分に冷えた氷水にイセエビを入れて、20分程度冷やし、ラップで5重に巻いて(伊勢エビが空気に触れない程度)冷凍庫で保存する。冷凍保存する場合は、活きたイセエビを氷水で〆たあとに、ボイルしたときと同様にラップで5重に巻いて冷凍庫で保存する。生冷凍で保存した場合、必ず加熱調理してから使うこと。
栄養 カルシウム、ビタミンE、銅、タウリンなど。
問い合わせ先 (参考)教えてちばの恵み
http://www.pref.chiba.lg.jp/ryuhan/pbmgm/
写真提供:千葉県

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。