e地産地消

かつお菜

かつお菜

名称 かつお菜
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
生産地 酒田市亀ケ崎地区
収穫地域情報 酒田市のある庄内地方は、在来野菜の栽培が盛ん。かつお菜は、春を告げる野菜として愛されてきた。
由来 茎葉がカツオの味がするということから、という説がある。
歴史背景 酒田市亀ケ崎地区では、古くからかつお菜の栽培がされてきた。しかし、現在は栽培農家が減少している。
時期 3月下旬〜4月中旬
特徴 小松菜の一種だが、小松菜より緑色が薄く、甘味がある。九州地方のかつお菜とは別物。
料理名 お浸し、味噌汁、けんちん汁など。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。