e地産地消

行者にんにく

行者にんにく

名称 行者にんにく
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 ヒガンバナ科ネギ属
学名 Allium victorialis var. platyphyllum
生産地 鶴岡市朝日地区、羽黒町今野地区
収穫地域情報 鶴岡市のある庄内地方は在来野菜の種類が豊富。鶴岡市で行者にんにくは自生だけでなく、栽培も行われているが、種まきから収獲まで5年から8年程度を要する。
別名 ヤマニンニク、ヤマビル、ヒトビロ、キトビロ(若芽)
由来 山岳修験道の行者が、荒行に耐える体力と精神力をつけるために食べたことから。
歴史背景 その昔、山岳修験道の行者が食べたと言われる、朝日地区で古くから食べられてきた薬草。40年ほど前から栽培が始まっている。
時期 1月〜6月
特徴 にんにくのような香りが特徴。庄内地方のものは、茎の一部が赤い色をしている。
料理名 醤油漬け、おひたし、天ぷら、炒め物など。
選び方 葉が開いていないもので、葉先までみずみずしくハリがあり、根元の切り口が新しいもの。
保存方法 根元を湿らせたキッチンペーパーなどで包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 β―カロテン、ビタミンKが豊富。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。