e地産地消

紫折菜

紫折菜

名称 紫折菜
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
生産地 酒田市古湊地区、豊里地区
収穫地域情報 鳥海山を臨む庄内砂丘の松林の中で、紫折菜は栽培されている。砂地ならではの水はけの良さや、降雪量が少ないことが栽培に適する。
歴史背景 1935年頃、中国から導入された。山形県の他の地域では雪害などでうまく育たなかったが、雪が少ない古湊地区では根付いた。現在は高齢化により、栽培者数が減少している。
時期 3月下旬〜5月上旬
特徴 中国東北地方原産の紅菜苔(ホンツァイタイ)の一系統。花茎、葉柄は赤紫色をしている。ほろ苦さがある。
料理名 お浸し、炒め物、天ぷら、煮物、味噌汁、けんちん汁など。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。