e地産地消

和からし

和からし

名称 和からし
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica juncea
生産地 鶴岡市三和地区、庄内町跡地区
収穫地域情報 庄内地区では、野菜の辛子漬けに和からしが使われている。
歴史背景 日本でからしを栽培する歴史は古く、平安時代の延喜式にも記述がある。種を使う最古の記録は1489年の四条流庖丁書。和からしは、かつては庄内地方全域で栽培されていたが、収穫の際、鼻にツンと来る辛さ、収穫後の細かな手作業などが大変なこともあり、農業の大規模化、機械化が進むにつれ衰退し、現在は細々と栽培されている。
時期 7月
特徴 ツンと来る辛さと、苦味、エグみが合わさった和からし本来の味わいがある。
下処理 挽いた粉をぬるま湯で練る。
料理名 なすのからし漬け、きゅうりの和からし和え、豚肉の和からしソテーなど。マスタードと同様に薬味などとして使う。
栄養 ビタミンB1、B2、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなどを含む。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。